おとともじについて

おとともじについてかんじたことをもじであらわしています。

むかしの人の袖の香ぞする

伊勢物語の六十段。

『むかし、男ありけり。
宮仕へいそがしく、心もまめならざりけるほどの家刀自まめに思はむといふ人につきて、人の国へいにけり。
この男宇佐の使にていきけるに、ある国の祇承の官人の妻にてなむあると聞きて、
「女あるじにかはらけとらせよ。さらずは飲まじ」
といひければ、かはらけとりて出したりけるに、肴なりける橘をとりて、

【五月まつ 花たちばなの 香をかげば むかしの人の 袖の香ぞする】

といひけるにぞ思ひ出でて、尼になりて、山に入りにてぞありける。』


以上、本文。
以下、現代語訳大意。


『妻を愛するがゆえに、交情のいとまなく宮仕えに勤しんだ男のもとを去った妻。
いまは別の男に愛され、地方官の妻としてつつがない生活を送る妻の消息を聞き、世に重く用いられるようになった元の夫が、かつての妻とその現在の夫のまえで、こう言う。

「奥さまにお酌をお願いしたい。
【五月を待って咲く、という橘のはなの香りを嗅ぐとき、かつて愛したあなたの香りを憶いだす】ので。」

と。

かつての妻は、元の夫とのことを思い出し、哀しみにくれ、世をのがれてしまった。』


本文が簡素平明であるため、解釈は男の立場から、そしておんなの立場から、いかようにも採ることことができる。

雨海博洋先生の解釈によれば、『肉慾に敗けたおんなが、仕事に賭ける男の真価を見抜けず、べつの男に心を移した』と捉えられるそうだ。

けれども、おんなであるわたしの立場からこの章段を感覚的に捉えてみれば、反対の解釈が生まれるのだ。

昼に、独り。
宵にも、独り。
男の身体は傍らにあるのに、独りであるようにおんなは感ずる。
男はただただ、仕事のことだけを考えている。
今日、あったこと。
明日、すべきこと。
おんなを愛していないわけではない。
むしろ、愛しているがため、仕事によって、自らが男であるということを証明したかったのだろう。
理屈では、理解したい。
しかし、こころは、満たされない。

『それなら』
『短いおんなの盛りを、むなしく過ごしてしまうくらいなら…いっそ…』
おんなは、決意する。

そして、平凡ではあるが穏やかな幸せに包まれた日々を送るおんなの前に、元の夫が、身を立て、名をあげ、誇らかにその姿を現す。

かつての夫は、
『女あるじににかはらけとらせよ。さらずは飲まじ』
と言い、
『むかしの人の袖の香ぞする』
などと、いまの夫の面前で、傲然と言い放つ。
それは、元の夫の「男のプライド」のなせる業としか、わたしには思えない。

去られた男のプライドをさらに満たすには、『元の妻よりも、さらに若く、さらに美しく、さらに家柄のよい娘』を妻として迎えることが必然であろう。
そうして、世間並の栄華を幸福として疑いを容れず、男は生きてゆくに相違ない。

そうして、幾とせかのち、ふと橘の香に触れたとき、ほんとうの意味で『むかしの人の袖の香』を、恋しく、愛おしく憶うのではあるまいか。

伊勢物語の、この段を徒然に読んでいたとき、ふと、そんなことを想った。