おとともじについて

おとともじについてかんじたことをもじであらわしています。

祈り

愛は、祈り。

祈りは、愛。

『真幸くあれ』と祈るとき、
祈りは熱をもった身体から生まれ、
その清潔な熱は、意志をもった微かな粒子となって、
宙を、放射状にひろがってゆく。

『わたしを愛して』と祈るとき、
祈りは潤んだ夢のような光をつくり、
その潤んだ光は、切ない甘やかさを纏って、
宙を、一直線に走りぬけてゆく。

祈りは、あらゆる呪いを浄める。
この世界に満ちる、かなえられなかった愛の呪いを。
ひとの祈りは、微かな希いを含みながらも、求めない、尊いもの。
愛。

愛は、あたたかい。
愛は、やさしい。
愛は、不完全でありながら、完全な円を描く。

愛は、赦し。

愛は、祈り。
祈りは、愛。

きよらかな光。

 

 

 

 

 

(2016)

広告を非表示にする